Dirk Engehausen (CEO)

かつて海軍将校だったDirk Engehausenは1994年にデンマークの玩具メーカー レゴに入社しました。セールスとマーケティングのポジションを経て、2004年に中央・南ヨーロッパ担当の取締役に就任します。2012年に欧州事業のトップになり、レゴグループの経営陣に加わりました。その後ドイツのコーヒー関連企業 チボー社の営業部長として消費財業界で活躍した後、2015年前半にシュライヒグループのCEOとして玩具業界に復帰しました。

エンゲルハウゼンは現在、マーケティング、戦略的事業開発、北米事業、品質マネジメント、テクノロジー、マスターデータ、プロジェクトマネジメント及びイノベーションマネジメント部門において最高責任者のポジションに就いています。