シュライヒフュギュアでできる冒険

近頃はパソコンやスマホの画面で何でも見ることができます。しかし映像や画像だけでは子どもの豊かな想像力に相互に応えることはできません。画像を眺めるだけでなく、触ったり、手に持ったりすることで、自分だけのストーリーを思い描き、お話し遊びを繰り広げることができます。子どもが遊んでいるときは、自分の世界に入り込むだけではありません。楽しい遊びを通して自然に想像力を育み、フィギュアをつかむ手や、指の運動能力を高められるのです。

シュライヒフィギュアには、ふさわしい「家」が用意されています。それが「プレイセット」です。プレイセットはフィギュアの家であり、時には生息地になります。プレイセットでのフィギュア遊びを通じて、子どもは直感的に理解したり、体験として動物について知ることができます。そこから自然界の複雑な驚異を学び、無限に広がる生命の世界に関心を寄せるまでになります。

シュライヒは異なるテーマに沿った6つのシリーズを展開していおり、そのフィギュアの合計は600種類以上になります。それぞれのシリーズは初期のデザインから現在にいたるまで、それぞれが独自の歴史を歩んできました。細部にこだわったリアルで本格的なフィギュア遊びをしながら、冒険を繰り広げる子どもたちが、アフリカのセレンゲティに生える背の高い草に触れ、風に髪がなびく感覚を味わうような、リアルな体験を楽しめることでしょう。